美容に良い、本当の朝洗顔の方法

 

洗顔は、美しいお肌をつくる基本中の基本ですよね。
でも、メイクをしていなかった日の次の朝や、夏以外の季節でも、きちんと洗顔料で洗っていらっしゃいますか。
ノーメイクだから、皮脂の取り過ぎはお肌に良くないからという理由で、水やぬるま湯だけで、すます方が多いそうです。
しかし、これは逆に、美容に良くない結果を生み出します。
不飽和脂肪酸という言葉をご存知ですか。
悪玉コレステロールの抑制や過酸化脂質の発生予防などで有名な油ですが、顔の上にあると良くないことが起こります。
なぜなら、不飽和脂肪酸は、非常に酸化されやすく、炎症を促進するからです。
すると、角質細胞が未成熟のまま、お肌を形成してしまう不全角化状態になり、毛穴が開いて、きめ細やかなお肌とは、ほど遠くなってしまうのです。
このようにお顔の上では悪い働きをしてしまう不飽和脂肪酸は、水洗顔では、洗い流すことができません。
きちんと洗顔料を使うことが大切です。
実際、私も朝、洗顔料で洗うようにしたところ、炎症が治まって、真っ赤だった顔が白くなりました。
皮脂が少ない方も、保湿成分がたっぷりの洗顔料を選べば、脂を落とし過ぎずに不飽和脂肪酸を撃退できると思います。
美容に良い正しい洗顔をして、きれいな素肌を手に入れましょう。